ストレスケアとその5つの対処方法とは!?

仕事や家事、子育てなどで日々ストレスが溜まっている方もいるのではないでしょうか。ストレスを溜めたままでいると、気持ちが落ち込むだけではなく、体にも不調が現れてしまうかもしれません。例えば、肌荒れを起こしてしまったり、体のだるさを感じて思うように動けなくなってしまったりすることもあるでしょう。そのため、ストレスを感じていると思ったら早いうちにストレスケアをしてあげることが大切です。

睡眠時間をとる事

ストレスケアの方法としてはいくつかありますが、まずは睡眠時間をしっかり確保して体を休ませてあげる必要があります。仕事や子育てをしていると、忙しくて睡眠時間がなかなかとれないかもしれません。しかし、そんな時は家族に協力してもらったり、家事代行サービスなどを利用したりして少しでも時間を確保するようにしましょう。最低でも7時間は眠るようにして、体力回復を目指してください。また、睡眠時によりリラックスできるように、寝具を見直してみるのも一つの手です。自分の体に合った寝具を選ぶことで、深い睡眠ができるようになったり体の疲れが取れやすくなります。人によっては、小さなボリュームで癒しの音楽を流しておいたり、リラックスできる香りを匂わせておいたりするのも効果的でしょう。

体を動かし運動をする

そして、ストレス発散のための適度に体を動かすというのもおすすめです。普段あまり運動しないという方でも、家の周りをお散歩を少ししたり、お家の中でヨガをしたりするなどの軽い運動から始めるのも一つです。軽い運動だとしても、気分転換が期待できます。もし日頃から運動している方なら、スポーツ教室に通って仲間と一緒に体を動かしてみるのもいいかもしれません。いつもとは違う環境で仲間と運動することでモチベーションの維持になったりもします。このように程よく汗をかくことができれば、ストレスで不調になっていた心と体がスッキリするはずです。継続して行うことでストレスケアになるので、時間に余裕がある時に少しずつ運動してみましょう。しかし、ストレスケアをしようと無理をし過ぎてしまうと逆に体を壊してしまう可能性があるので注意しなくてはなりません。決して無理せずに、自分が楽しくでき継続するが大事です。

人に相談をしてみる

また、ストレスケアとして自分の悩みや不安を信頼できる人に話すこともおすすめです。仕事の忙しさや、子育ての大変さ、人間関係など、ストレスの原因になっていることは人によってそれぞれ違いますが、一人では抱えきれなくなることもあるでしょう。そんな時はじっと我慢してやり過ごすのではなく、自分のことをきちんと理解してくれる友達や家族、同僚などに相談してみることで心が軽くなるかもしれません。注意点としては、誰かの悪口を言ったりしないということです。言っている時はスッキリするかもしれませんが、後で自己嫌悪に陥って余計にストレスを感じてしまったり、どこからか話が漏れてトラブルに発展してしまったりする可能性があるので気をつけましょう。場合によっては、身の回りの人ではなくカウンセラーなど専門知識がある人に話してみるのも一つの手です。

瞑想をする方法

他には、瞑想をしてストレスケアをする方法もあります。ストレスで心と体に負担がかかっている時は、自分のことを客観視することができずに疲れてしまうものです。そんな時に瞑想をすれば、心を落ち着かせて自分自身と向き合うことができるようになります。静かな場所で自分自身に集中し、少しずつストレスを解放していく感覚を味わいましょう。もし瞑想するのが時間的に難しいようなら、ジャーナリングという書く瞑想を行うのもおすすめです。ジャーナリングでは紙とペンを用意して、自分の思っていることをそのまま書いていきます。自分の考えを知ることができるようになったり、気持ちがスッキリしたりするので気になる方は試してみるのもいいのではないでしょうか。

大好きなエステで自分の時間を整える

また、エステを受けることはストレスケアにすごく良いとされております。エステでは喧騒から離れてリラックスできる空間で施術を受けられる事日常を忘れられるもいいリフレッシュになるでしょう。よりリラックスしたいという場合には、エステで日頃のストレスを発散し、また次の日から頑張るためのチャージをしてみましょう。

ストレスケアにおすすめのエステを紹介

脳内ヒーリングって何?|マダムテルコサロン発祥の凄い手技とは!?

お得情報♪

ご登録で限定の抽選やお得情報を受け取ることができます♪

登録すれば5,500円割引のクーポンが!?

LINE公式アカウントはこちら↓↓

友だち追加